広島市西部の縦走路(前半) 鬼ヶ城山〜柚木城山〜大茶臼山

 一度歩いてみたい縦走路でした。鈴が峰から武田山まで歩くというのはどんな感じだろうと思っていました。大茶臼山までは北から南からと歩いているのですが、通して歩いたことはなかったのです。

 とはいえ私は鈴が峰と鬼ヶ城山の鞍部にある住宅地に住む者なので、今回の登山口はその鞍部にある道行地蔵様です。つまり鈴が峰(ここから背後に登って30分)を端折っちゃってるわけです。まぁ私らしいかと(^^;)

 お参りして8時37分出発です。

  ずっと雑木の森を歩きます。常緑樹が多いので鬱蒼とした感じです。時々赤い花が沢山散っていて、見るとヤブツバキでした。樹上にも沢山残っています。

 鬼ヶ城山の山頂手前にある展望岩です。確か鬼ヶ城という名は岩屋があることを言っていたと記憶しているのですが、確かに立派な岩です。

 眺めも良くて市街地から瀬戸内海がよく見えます。

 反対側は美鈴が丘の住宅地。窓ヶ山が背後に見えています。

 以前はひっそりとしていた鬼ヶ城山の山頂は、展望を得るためか開かれて残念ですが市内を一望です。

 これから向かう柚木城山(ゆずきじょうやま=右)と、電波塔が林立する大茶臼山(左)。

 ひと山越えるごとに舗装路を横切りますが、なかなか面白い縦走路です。

 少し先にハシゴがあります。特にこの場所は雨天時に滑りやすい赤土に注意です。(虎ロープあり)今回のように晴れていたら大丈夫。

 この付近で初めて人に会いました。中年女性で草津沼田道路口にクルマを置いて登ってこられた方でした。

 しばらく歩くと突き当たりがあって左右に分かれます。左は山田団地なので、標識に従って右の草津沼田道路口方面へ向かいます。

 その先の見事な竹林。

 舗装路に出た後、標識に従って左に向かい、信号を渡って右へ。目前に草津沼田道路の料金所があります。

 柚木城山への登山口は写真の黄色い枠内です。

 標識はこのようになっています。丁寧な標識です。

 さっそく狭く急な階段を登ります。

 階段を登り切って振り返るとマンション群が見えました。かなり登った気がしました。10数階を一気に登った勘定です。

 最初は緩やかに次第に急坂となって分岐に出ます。柚木城山は左へ。

 315峰までは明るい尾根でした。

 5分も歩けば次の分岐です。右に315峰を経由します。短い急登があります。

 左は巻き道です。

 315峰も木々が開かれて展望があります。誰もいなくて静かでした。すぐに左へ降りて、巻き道と合流です。

 エスケープルートとして右に〜広島学院〜西広島バイパス古江バス停への下山路があります。

 緑のトンネルを柚木城山へ向かいます。

 柚木城山山頂です。ちょうど市街の中央を眺める位置でした。

 ここで鬼ヶ城山からの山行中で二人目の方に出会いました。山岳マラソンをされているらしく軽装でとてもスリムな中年男性でした。横川に自転車を置いて走ってきたとのことで、、宗箇山〜大茶臼山からというわけで、さすがに速いなぁと思いました。

 山頂から短い急坂を下りて巻き道と合流。その先からは何度も鉄塔を経由しながら歩きます。

 アセビが咲いていました。

 さて己斐峠へ降りる直前に分岐がありました。標識もなく、どちらか迷ったので、Hくんと分かれて歩いてみたら、正解は左でした。己斐峠から五月が丘方面へ少し下った場所に出ます。

 Hくんによれば右の道は踏跡が判然としなくなったそうです。昔は右の道はなかったように感じました。

 車道に出ました。ここから右に軽く登ると己斐峠です。標識に従って350m歩いて(己斐峠を越します)左に渡ります。

 交通量が昔に比べ増えているように感じました。
 

 国泰寺の真向かいに大茶臼山の登山口があります。

 以前は坂道から入る民家の左から入っていたのですがどうも廃道になっているようです。

 登山道を入るとユキヤナギに似た白い花が群落を作っていました。山行中そこだけに咲いていたので不思議でした。

 徐々に傾斜が増して広電団地と滝観音の分岐を過ぎハァハァとなりながら登って行くと、大茶臼山の山頂手前にある展望岩に出ました。すぐ上に電波塔がドンと迫力です。

 展望岩では数組が昼食中で丁度12時。私たちもここで昼食にすることにしました。

  広島市西部の縦走路(後半) 大茶臼山〜丸山〜火山〜武田山 へ続く

山の記録  /  トップページ  /  あ と が き